千葉大学産婦人科では随時採用を行っています。まずはメールにてお問合わせ下さい。

千葉大学病院産婦人科メディカルキャリアセンター

採用ページはこちら

採用ページはこちら

お知らせ

  • 2017.04.22

    4月15日日本産科婦人科学会の若手企画として開催された「医学生フォーラム」に、千葉大学からも6年生が参加してくれました。全国の医学部から集まった100名以上の学生が、3つのテーマについて討論した結果を発表しました。保護者の産婦人科の先生も多数参加し、会場が人が溢れるほどの盛況でした。


  • 2017.03.26

    3月25日(土)に「周産期レジナビフェスティバル in CHIBA」が、NPO法人千葉医師研修支援ネットワークの主催で開かれました。
    午前中は「J-MELSベーシックコース」、午後は「NCPRー次コース」、夜は「周産期母子医療センター合同説明会」と、内容盛りだくさんの大変欲張りな企画でした。全国医学部から延べ約100名の新6年生が参加してくれて、第1部から第3部まで賑やかで活気に満ち溢れていました。
    第3部のレジナビ形式の病院紹介には、県内の産科医・新生児科医が60名以上集まり、改めて両科の結束の強さが証明されました。サプライズゲストとしてお呼びしたりんくう病院の荻田先生からも、熱いメッセージを送っていただきました。
    千葉の周産期が、学生さんを迎えてメラメラと燃え上がった一日となりました。

  • 2017.01.28

    レジナビポスター_修正
    春休みに5年生限定の取って置きのイベントが千葉で開催されます。
    周産期・新生児医療の救急対応を体験学習するとともに、千葉県の周産期・新生児医療の実際と展望を知ることができます。
    内容盛りだくさんな二度とない企画ですので、是非いらしてください。

    「周産期レジナビフェスティバル in CHIBA」のご案内

    1)日時:平成29年3月25日土曜日
     第1部 9:00-12:30
      J-MELSベーシックコース<周産期救命救急講習>
       日本産科婦人科学会認定コース、受講認定証の発行あり、定員 30名
     第2部 13:30-17:00
      NCPRー次コース<新生児蘇生講習>
       日本周産期新生児医学会認定コース、受講認定証の発行あり、定員 30名
     第3部 18:00-21:00
      千葉県研修病院(周産期・新生児部門)合同説明会
       病院ブースによる個別説明有り
       参加予定病院:千葉大学医学部附属病院、成田赤十字病院、旭中央病院、
              亀田総合病院、君津中央病院、千葉市立海浜病院、
              東京女子医大八千代医療センター、船橋中央病院、順天堂大学浦安病院、ほか
       *食事の用意有り
       *サプライズゲストの登場があるかもしれません
    2)場所:千葉大学医学部附属病院クリニカルスキルズセンター(第1部と2部)
         千葉スカイウインドウズ東天紅(JR千葉駅そば)(第3部)
    3)対象:全国医学部の新 6 年生 (4月より6年生)
    4)参加費:無料(3部とも)

    主催:NPO法人千葉医師研修支援ネットワーク
    共催:千葉大学医学部附属病院周産期母性科・千葉県周産期新生児研究会
    内容の詳細:こちらからご確認ください。
     https://www.dcs-net.org/misc/career/seminar/boshu/pdf/20170325.pdf
    お申し込み先:こちらからお申し込みください。
     https://www.chiba-nms.org/form/shusanki/index.html
      (第1~3部から複数選択可)
    申込み期限:
     平成29年2月10日(金)
      (第1部と2部は定員に達し次第締め切りとなります)
    問い合わせ先:
     NPO法人千葉医師研修支援ネットワーク事務局
     Mail office@dcs-net.org  電話 043-222-2005

  • 2016.08.22

    今年も「千葉県周産期診療施設見学ツアーセミナー」が開催されました。
    全国から医学部学生や研修医が集まり、県内の8つの周産期母子医療センターを1泊2日で巡回しました。
    周産期医療の現況を知るとともに、そこで働く医師の情熱が伝わったとの感想を多くもらいました。
    今回の経験が、参加者の将来設計に生かされることを期待したいと思います。
    IMG_2633
    IMG_2529
    IMG_2550
    IMG_2562
    IMG_2601
    IMG_2628
    IMG_2675
    IMG_2690
    IMG_2694

  • 2016.08.07

    7月下旬から8月上旬にかけて2つの大きな学会イベントがあり、医学部学生や研修医が多数参加してくれました。
    一つは富山市で開かれた日本周産期新生児医学会で、産科と新生児科の先生が全国から集まりました。懇親会には産婦人科の先生で編成された大オーケストラの演奏があり、参加者をを大いに楽しませてくれました。
    IMG_2397
    IMG_2406
    IMG_2422
    もう一つは、松本市近くの美ヶ原で開かれた「産婦人科サマースクール」で、当科の生水教授が大会長を務められました。全国から250名以上の学生・初期研修医が集まり、若手産婦人科医による様々の企画に意欲的に取り組んでいました。
    IMG_2466
    IMG_2472
    IMG_2478

  • 2016.06.20

    この週末に関東連合産科婦人科学会が東京で開催されました。若手の発表が中心の学会で、当科からも研修医が多数参加し、日頃の臨床から学んだことをしっかりと報告してくれました。また、研修医・学生向けの併催セミナーとして、「母体救命ベーシックスコース講習会」が行われ、当科の関係者が運営を担当しました。写真は、講習会の様子です。
    IMG_2302
    IMG_2358
    IMG_2315
    IMG_2337
    IMG_2325
    IMG_2388

  • 2016.05.29

    28日午後、学生/研修医向けのNCPR1次(B)コースが、千葉大学病院クリニカルスキルズセンターでが開催されました。5年生を中心に計22名が参加しくれて、皆んな真剣に、かつ生き生きとシミュレーションに取り組んでいました。この中から、千葉県の周産期医療の将来を担う人材が育ってくれればと、密かに思いを馳せていました。
    来年度は、「NCPRをはじめとしてシミュレーション学習をふんだんに盛り込んだ、全国規模のセミナーにスケールアップできれば」と、コース終了後インストラクターの間で盛り上がりました(かなり本気です)。
    IMG_2238
    IMG_2199
    IMG_2210
    IMG_2212
    IMG_2215

  • 2016.05.15

    千葉県の主要な周産期母子センターをバスで隈なく巡回見学し、宿泊は県内有数のリゾート施設を利用するという、1泊2日の大変欲張りなツアーです。この夏は千葉県の周産期を徹底研究してみよう!
    バスツアーポスター2016v1

  • 2016.05.04

    今年も医学部学生・初期研修医向けのNCPR1次(B)コースを開催します。
    まだ定員まで若干名の余裕がありますので、奮ってご参加ください。
    新生児蘇生16春ポスターv1

  • 2016.05.04

    4月29日から5月1日まで千葉大学病院スキルズセンターを会場として、産科救急の講習会であるALSO (Advanced Life Support in Obstetrics) の3つのコースが、周産期母性科共催で行われました。いずれも通常のプロバイダーコースと違った本部直轄のコースで、無事ホスト役を果たせて安堵しています。このように千葉大学は、医療安全に関する全国的な学びの場を提供しています。
    IMG_2146IMG_2170IMG_2163IMG_2179

お問合わせ