千葉大学産婦人科では随時採用を行っています。まずはメールにてお問合わせ下さい。

千葉大学病院産婦人科メディカルキャリアセンター

採用ページはこちら

採用ページはこちら

私たちの診療科について

明るく、元気で、自由な雰囲気はどこにも負けません。
女性の全生涯を対象に、内科的管理から外科手術まで、
幅広い活躍の場があなたを待っています。

主な特徴

  • 自由なディスカッションとエビデンスに基づいた標準化により、スタッフ全員のコンセンサスが得られた診療をおこなっています。
  • 当科独自の先駆的診療を実施中です。
    (帝王切開の緊急度分類、進行卵巣癌における他臓器広汎合併切除など)
  • 女性医師が、出産や育児など多様なライフステージに応じて切れ目なく働ける環境を提供します。

専門医資格名

  • 日本産科婦人科学会専門医
  • 日本周産期・新生児医学会専門医
  • 日本超音波医学会超音波専門医
  • 婦人科腫瘍専門医
  • 日本臨床細胞学会細胞診専門医
  • 日本がん治療認定医機構認定医
  • 日本内分泌代謝専門医
  • 日本生殖医学会生殖医療専門医
  • 日本内視鏡外科学会技術認定医
  • 日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医
  • 臨床遺伝専門医
  • 生殖医療に関する遺伝カウンセリング受入れ可能な臨床遺伝専門医

教育体制

  • スタッフ全員が、腫瘍・生殖内分泌・周産期の3分野にわたって、丁寧できめの細かい指導をおこないます。
  • 3年間の後期研修で産婦人科専門医資格を取得し、その後各自がサブスペシャリティーの道に進むまでの過程を徹底的にサポートします。

よくあるご質問

千葉大の初期研修プログラムはどんな特徴があるんですか?

1年目は大学以外の病院にて研修、2年目ははじめの1ヶ月は地域医療、残りの1ヶ月は大学病院で産婦人科研修を中心とした自由な研修を選択できます。

でもそれって他の研修プログラムと変わらないのでは?

産婦人科プログラムは1年目も研修病院は成田赤十字病院、千葉市立海浜病院、国立病院機構千葉医療センター、人気研修病院から選べるんです。
しかも2年目の地域医療はお産をたくさん手がけているクリニックや、地域の女性医療に取り組んでいるなど特色あるクリニックで研修を受けることができます。

大学病院以外の研修病院はどんなところですか?

専門医研修が間違いなくできる病院に行ってもらいます。
その条件としては、十分な症例数、十分な指導医を持った医療を備えているところです。
研修医から意見を求め、研修病院としてふさわしいかどうかのチェックをしています。

研修病院先はどうやって決めるんですか?

毎年末、研修医は自分の経験した診療内容をもって教授と面談してその内容を十分に考慮の上、1年度の研修先を調整しています。

大学院に進学することも考えているんですが、いつ行けるでしょうか?

専門医資格取得した後の通算6年目に大学院に入学する先生が多いです。
ただし、早く研究を始めたいという人には専門医研修と並行して大学院での研究をすることもできます。

大学病院以外で自分の興味のある研修を受けることはできますか?

NICUの方は県内外の有力な新生児センター(県内では船橋治療病院など)加藤レディースクリニックなどの生殖補助医療専門クリニック、腫瘍に関しては癌研究所有明病院などに短期研修をするチャンスがあります。

当直はどれぐらいありますか?

3人当直制です。
ただし、全員が病院内にいなければならないというわけではありません。
実際に病院内に泊まる当直は月3回程度です。

専門領域はいつ決めるんですか?

産婦人科には周産期、腫瘍、生殖内分泌の3つの大きな分野があります。
専門医資格を取得した後、そのいずれかを自分の専門(サブスペシャリティー)を決めます。
2年~4年間の専門研修を受けてそれぞれのサブスペシャリティーに関する資格を取得します。

訴訟は?

産婦人科の訴訟の件数は急速に減っています。
産科医療補償制度(赤ちゃんに神経障害が起きた場合、過失の有無に関わらず補償される制度)が始まって以来、産科に関する訴訟件数は激減しています。
医療事故が起きた時、それを個人の責任に押し付けるようなことはなくなりました。
搬送のシステム、病院間の連携をスムーズにおこなえるようなシステムづくりをすることにより事故の発生数を減らすようにしています。

毎年どれぐらいの人数が入っていますか?

ここ5年ほど毎年5名以上が入ってきてくれています。
我々産婦人科に興味を持ってもらうために医学部の学生さんには早い時期から特別セミナーやシュミレーション学習などを頻繁に開いています。
したがって、この傾向は今後とも続いていくだろうと確信しています。

近くに保育園はありますか?

病院施設内に保育園があります。保育園の園長が当科の教授です。

研修医はいつから手術ができるんですか?

研修開始から3ヶ月目ぐらいで帝王切開や、子宮全摘手術を始めています。
専門医資格を取得した後、そのいずれかを自分の専門(サブスペシャリティー)を決めます。
専門医研修に必要とされる手術件数、分娩件数は十分にこなすことができます。

研修医でも学会発表や研修会に参加することができますか?

学会発表や研修会への参加を後押ししています。
発表内容を適切にまとめたり、有効なプレゼンテーションができるようなトレーニングを教授自ら時間を掛けておこなっています。

お問合わせ