千葉大学産婦人科では随時採用を行っています。まずはメールにてお問合わせ下さい。

千葉大学病院産婦人科メディカルキャリアセンター

採用ページはこちら

採用ページはこちら

採用情報

採用の流れ

採用の流れ

上記はあくまでも一例です。臨機応変な対応をしております。

男性医学部生の方へ

千葉大学産婦人科では進行卵巣癌の超拡大手術、ロボット手術など最先端の医療を取り入れていると同時に、妊娠女性の救命救急のシステムづくりにも力を入れています。
産婦人科診療は裾野が広いので、個々の分野のエキスパートを待ち望んでいます。
千葉大学産婦人科の研修プログラムの中で、第一線で活躍するトップランナーを目指してみませんか。

千葉大学附属病院産婦人科ではどのような医療をしているのですか?

婦人科診療は分野が広いので、それぞれの分野のエキスパートを待ち望んでいます。

ひとことメッセージをどうぞ!

千葉大学附属病院産婦人科の研修プログラムの中で、第一線で活躍するトップランナーを目指してみませんか。

女性医学部生の方へ

千葉大学産婦人科には女性医師が多く、一人一人がライフスタイルに合わせたさまざまな雇用形態で活躍しています。
結婚していても子供がいても無理なく働ける環境を目指し、産休・育休後の現場への復帰は100%からではなく、週一回の外来だけなど非常勤でのスタートを推奨しています。

女性でもやっていけるでしょうか?

千葉大学産婦人科では約半分が女性医師です。皆さん、それぞれに活躍していらっしゃいます。

行く行くは結婚もしたいし、子どもも産みたいけど、働きながらは無理でしょうか?

結婚をしていても子どもがいても無理なく働ける環境を目指しています。
それぞれのライフスタイルに合わせ、色々な働き方をしている女性医師がいます。

忙しくて赤ちゃんを産めなかったりしませんか?

そのようなことはありません。
いつも誰かが妊娠しているし、誰かが産休・育休に入っているという状況です。
ただ、なるべく早い職場への復帰を推奨しています。
休みが長くなるにつれ、戻れるだろうかと不安が強くなるからです。
最初から100%ではなく、週1回の外来だけなど非常勤でスタートする方もいます。

千葉県にUターンを考えている医学部生の方へ

千葉大学産婦人科の医師は、他大学の出身者が半数を占めています。
出身大学に関係なく、明るく楽しくをモットーに皆が仲良くやっています。
千葉県では産婦人科の医師が圧倒的に不足しています。
女性医療を発展させるため、ぜひ故郷の千葉県に帰って来てください。

私は他大学の出身ですが、他大出身でも仲良くしてもらえるでしょうか?

千葉大出身者は33名中13名、教授も他大出身なので気にすることは全くありません。
出身大学に関係なく、みんな和気あいあいと仲良くやっています。

ひとことメッセージをどうぞ!

千葉県では産婦人科の医師が不足しています。
千葉県の女性医療を発展させるため、ぜひ故郷の千葉県に帰ってきてください。

よくあるご質問
お問合わせ
病院までの道のりはこちら
長田先生の採用担当ブログ