千葉大学産婦人科では随時採用を行っています。まずはメールにてお問合わせ下さい。

千葉大学病院産婦人科メディカルキャリアセンター

採用ページはこちら

採用ページはこちら

ごあいさつ

科長の生水真紀夫(しょうず まきお)です。
千葉大学附属病院産婦人科について紹介させていただきます。

科長の生水です。

医師はわたくしを含めみな若く意欲的で、新しい治療や診療法を積極的に取り入れてup-to-dateな診療を実践しています。

周産期母性科(産科)と婦人科の2つにわかれてそれぞれ専門的な診療を行っています。

周産期母性科では妊婦さんの診察を行います。

合併症をもった妊婦さんや、多胎妊娠、あるいは胎児の管理が必要な妊婦さんなどが対象です。
このような妊婦さんでは、分娩の時などに異常が起こりやすく、大学病院などの大きな病院での管理が望ましいとされています。

一般の妊婦さんでも当院での高度の妊娠分娩管理を希望される場合はできる限り受け付けるようにしています。

婦人科では、子宮癌・卵巣癌・絨毛癌・子宮筋腫・
卵巣嚢腫・不妊症などを扱っています。

当科では、子宮癌や卵巣癌について、外科医と協力して完全に病巣を切除することを目指しています。
また、できる限り効果的な抗ガン剤を選んで治療成績の向上を図っており、絨毛癌の治療では全国でも屈指の患者数を誇っています。

子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣嚢腫には、腹腔鏡手術を行っています。

腹腔鏡手術は、痛みも少なく、術後2~3日で退院し仕事に復帰できます。
また、傷跡も小さく目立たなくなります。
子宮筋腫については、おなかを切らないで治療する方法(塞栓療法や新しい薬物療法)なども行っています。

子宮・膣の奇形や思春期異常(無月経)などの診断や治療も行っています。

患者さんの希望があれば、できる限り婦人科診察(内診)を行わない方法で診察を行います。
不妊症では、腹腔鏡検査や手術のほか体外受精を行っています。

お問合わせ